GPI US COVID-19 Response: Learn more

Coming Soon: Virtual Experiences with Japan Bound Learn more

アメリカのソーシャルセキュリティーナンバー概要とマイナンバーとの違いについて

ソーシャルセキュリティナンバー(SSN)」という言葉をなんとなく聞いたことのある人もいるのではないでしょうか。アメリカで生活をするためには、SSNについて知ることは欠かせません。この記事では、SSNの概要となぜアメリカにはSSNが存在しているのか、さらにアメリカ留学生でもSSNは必要なのかについて解説します。アメリカ留学に興味のある人はぜひ参考にしてみてください。

 

ソーシャルセキュリティーナンバー(SSN)とは

ソーシャルセキュリティーナンバー(Social Security Number)とは、アメリカにおける社会保障番号であり、略称でSSNと呼ばれています。日本で言うところのマイナンバー制度と近いものだと考えると分かりやすいかもしれません。

SSNは、納税や年金の管理、さらには運転免許証やID、銀行口座の開設など様々なシーンで活用されています。また、SSNは、各個人の職業や収入、犯罪歴といった個人情報と紐付けされているため、身分証明としても活用できるのが特徴です。
アメリカで生活する場合、家を借りるのにも、電気や水道の契約を結ぶのにもSSNが必要になるため、アメリカに暮らす人にとっては最も重要な番号と言えます。また、アメリカの企業に就職したい場合は、SSNがなければ厳しいでしょう。

なお、SSNは1につき1つのみ発行されます。もし番号が記載されているカードを紛失してもすぐに再発行してもらうことが可能です。ただし、先述の通りSSNは個人情報と紐づけられているものなので管理は厳重に行わなければいけません。

 

SSNの歴史:何故アメリカで必要となったのか

アメリカでSSNが初めて発行されたのは1936年でした。なぜSSNがアメリカで利用され始めたのかご存知でしょうか。

その理由は、アメリカに日本のような戸籍がないためです。日本の場合、戸籍によって個人の各種情報を管理していますが、アメリカではそれができないため、SSNを1人1人に与え管理を行おうとしたのです。そのため、SSNを利用する大きな目的は所得の把握と税金の徴収、さらには年金や保険といった社会保障制度の管理でした。

SSNは、一般的に子供が生まれたタイミングで、出生届と一緒に申請されます。大人になってからアメリカに来た人は、渡米のタイミングで申請することも可能です。

 

日本のマイナンバーとの違い

先ほどアメリカのSSNは日本のマイナンバーのようなもの、と説明しましたが、大きな違いは特にありません。
以前までは、アメリカのSSNが公的なサービスのみだけでなく、民間企業でも利用できるのに対して、日本のマイナンバーは、社会保障や税金などの管理のみに利用可能で、民間企業の利用不可という大きな違いがありました。
しかし、現在では、手続きを行うことで民間企業でもマイナンバーの利用ができるようになっているため、その違いはどんどん小さくなっていると言えるでしょう。

 

SSNは誰でも取得できるわけではない

アメリカに留学を希望する人の中には、「自分はSSNが取得できるの?」と思う人もいるかもしれません。しかし、SSNは誰でも簡単に取得できるものではありません。SSNは基本的にアメリカで働き、アメリカに納税する人、アメリカで社会保障を受けることができる人に対して発行されます。そのため、原則としてはアメリカの市民、もしくは就労可能なビザを持つ人が申請可能となります。

 

留学生のSSN取得について

留学生の場合、就労や納税を行わない方が多いため、取得するのは困難だと言えます。
しかし、SSNがないからといってアメリカで生活できないわけではありません。身分証明書とアメリカでの住所がわかるものを提示し、なぜアメリカに住んでいるのか、なぜSSNを持っていないのか理由を説明すれば、生活に困ることはありません。
また、州にもよりますが、SSNを持てないことの証明書を発行してもらえるケースもあり、それがあれば携帯電話の契約も可能です。そのため、SSNが取得できない=アメリカに留学できない、と諦める必要はありません。

 

まとめ

今回は、アメリカでの生活に欠かせないSSNについて、 概要から誕生の背景、留学生との関係について解説しました。SSNは日本のマイナンバーにあたるものであり、アメリカで生活するうえでは非常に重要な役割を担っていますが、留学生の場合取得できないケースがほとんどです。しかし、取得できないからといって留学できないわけではないので、対処方法を理解して、留学生活を送って頂ければと思います。

 

参考リンク:

ZUU online ~ マイナンバー開始 先行する米国「社会保障番号」ってどんな制度?
NEW YORK PICKS ~ ソーシャルセキュリティーナンバー (SSN) とは?
アメリカ携帯 HanaCell ~ アメリカ生活の必需品!?SSNとは 米国携帯電話・SIMカードの基礎講座


コラムニスト・インフォ
S.K
GPI US プログラム・コーディネーター
  
高校まで日本で過ごし、カリフォルニア州のコミュニティー・カレッジから大学に編入/卒業。 
自分が留学で得た素晴らしい経験を1人でも多くの日本の生徒に伝えたいという思いでGPI USに入社しました。
   

「伝えられた事は忘れる、教えられた事は覚えている、関わった事は学びとなる。」- ベンジャミン・フランクリン