GPI US COVID-19 Response: Learn more

Coming Soon: Virtual Experiences with Japan Bound Learn more

教授の口コミを知る!アメリカの大学教授レビューサイトを紹介

「入学より卒業が難しい」といわれるアメリカの大学。アメリカの大学に留学して無事に卒業するためには、授業選びがとても大切です。授業選びの中で、特に注目したいポイントが教授選びです。

アメリカの大学では、授業の進め方や評価方法など教授に任されている部分が大きいため、同じコースでも担当教授が違うとクラスの内容や難易度が大きく違います。

アメリカの教授の口コミを調べる場合によく耳にするのが、「Rate My Professors」というサイトです。

 

「Rate My Professors」とは?

Rate My Professors」は、アメリカの大学で授業を教えている教授の口コミを調べることができるサイトです。

全米7000校以上の大学に在籍する、160万人の教授がリストとして登録されており、学生が直接口コミを書き込むことができます。登録されている大学が多く、大きな州立大学だけでなく、田舎の小さな大学でも調べることができます。

 

Rate My Professors」の使い方

「Rate My Professors」の検索方法はとっても簡単です。サイトにアクセスして、一番上にある「Search for a professor or School」とある部分に、教授名を入力するだけで検索することができます。

教授名がわからない場合は、大学名から検索することも可能です。大学名から検索して出てくる大学の口コミページの「VIEW ALL PROFESSORS」をクリックすると、その大学で登録されているすべての教授を確認することができます。

 

チェックすべき5つのポイント

教授の口コミページで、チェックすべきポイントは以下の5つです。

●Overall Quality(総合評価)

まず確認したいのが「Overall Quality(総合評価)」です。

教授の全体的な評価が5段階で表示されます。あくまでも目安ですが「3」が平均なので、それ以上であれば評価が高い、それより低ければ評価が低い教授という見方がされているようです。

●Would Take Again(もう一度受講したい)

次に注目したいのが、「Would Take Again」という項目です。この項目は、「機会があれば、この教授のコースをもう一度とりたい」と答えた人の割合を示しています。最高値は100%で、それに近ければ近いほど授業の満足度が高いということになります。

●Level of Difficulty(難易度)

「Level of Difficulty(難易度)」も必ずチェックしておきたいポイントの1つです。

教授によって授業やテストの難易度、エッセイの評価基準が大きく変わる場合があります。調べている教授の授業がどれくらいの難易度なのかをここでチェックしましょう。

難易度は5段階評価です。「5」に近いほど難易度が高く、逆に「1」に近いほど難易度が低いクラスです。特に、留学1年目は、英語のハンデも大きいので、難易度は注意したいポイントです。

●Top Tags(多く選ばれているタグ)

教授の個性を知ることができるのが、「Top Tags」という項目です。上記3つの数値の下に表示されています。このタグは、教授の口コミを書いた人が多く選んでいるタグです。

例えば下記のようなタグが表示されます。

【RESPECTED】生徒を尊重してくれる教授
【PARTICIPATION MATTERS】授業への出席を重視する教授
【TOUGH GRADER】採点が厳しい教授
【LOTS OF HOMEWORK】宿題が多い教授
【BEWARE OF POP QUIZZES】抜き打ちテストに注意したい教授

●口コミ

数値の評価を確認したら、個別のコメントも目を通しておきましょう。

難易度が少し高いという教授の場合でも、具体的になにが難しいのか、どんな点に注意すべきなのかを知ることができます。ただし、ここで書かれているものはあくまで個人的な意見なので、複数チェックして参考程度に考えましょう。

 

まとめ

「Rate My Professors」を使えば、アメリカの大学の教授の口コミを簡単に調べることができます。全て英語で書かれていますが、ポイントさえ押さえれば留学前で英語に自信がない方でも気軽に活用することができます。

アメリカの大学では成績も重要です。二年生のコミュニティーカレッジから四年制大学に進学する予定の方や、大学から大学院への進学を考えている方は、特にGPA(Grade Point Average)といわれる評価平均値を高くしておく必要があります。そのためにも事前に教授の難易度や評価を確認しておくと安心です。

難易度だけでなく、講義重視や親切な教授など自分に合ったタイプの教授を選ぶ参考にもなるので、是非活用しましょう。

 

参考リンク:

アメリカ&カナダの海外留学体験をまとめたブログ ~ 留学生必見!教授の評価が分かってしまうサイトがあるんです!
CANADA EIGO ~ 【留学生必見】教授の口コミサイト【Rate My Professor】
HOTDOG TIMES ~ 【新入生必見】大学の教授の評価が見れるサイトがあるって知ってた?
English Hacker ~ アメリカ留学の救世主!Rate My Professorsで授業を乗り越えよう


コラムニスト・インフォ
S.K
GPI US プログラム・コーディネーター
  
高校まで日本で過ごし、カリフォルニア州のコミュニティー・カレッジから大学に編入/卒業。 
自分が留学で得た素晴らしい経験を1人でも多くの日本の生徒に伝えたいという思いでGPI USに入社しました。
   

「伝えられた事は忘れる、教えられた事は覚えている、関わった事は学びとなる。」- ベンジャミン・フランクリン