GPI US COVID-19 Response: Learn more

Coming Soon: Virtual Experiences with Japan Bound Learn more

コロナに関するアメリカの大学の対応状況について

留学先として人気の高いアメリカでも感染拡大が続いている、新型コロナウィルス(COVID-19)。すでにアメリカに留学している方はもちろん、2020年から留学をする予定だった方にとっては、思いもよらない状況が続いています。

コロナ終息を見据えてアメリカ留学を再開、実現するためには、まずアメリカ政府、そしてアメリカの大学のコロナ対応状況や取り組み内容をしっかり把握しておくことが必要です。ただし、アメリカ国内の感染状況によって、アメリカ政府の対応方針は常に変わっているため、最新の情報を必ず確認するようにしましょう。

 

アメリカ留学におけるコロナの影響は?

在日アメリカ大使館、および領事館は、2020年3月19日から渡米に関わる新規面接の無期限中止や留学に欠かせないビザ発給業務の一時停止を発表しています。

また、アメリカ移民・関税執行局(ICE)は、2020年7月24日付で「各大学が提供するオンライン授業を履修できる対象は、2020年3月9日時点でアメリカの学校に在籍する留学生限定」とし、2020年秋学期から新たにアメリカの大学で学ぶ留学生が講義をすべてオンラインで受講する場合は、アメリカへの入国を認めない方針を正式に発表しました。

同時に、「留学生本人が大学キャンパスでの授業に出席しない場合は、留学生を受け入れる大学はビザ発行に必要な入学許可証(I―20)を発行してはならない」という指示も各大学に通達されました。

つまり、現時点では「2020年秋学期からの新規アメリカ留学は“不可能”な状況」となっているのです。

 

アメリカの大学のコロナに対する取り組みについて

もちろんアメリカ現地の各大学でも、国内でのコロナ感染拡大を受けてコロナ感染予防のさまざまな取り組みをしています。

まず、アメリカでコロナ感染が急速に拡大し始めていた3月には、ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学(MIT)がアメリカの全大学に先駆けてすべての講義をオンライン授業に切り替え、秋学期以降もオンライン授業を継続するとしています。

また、カリフォルニア州の名門大学であるUCLAでも、秋学期に向けてオンライン授業を充実させるなかで、「キャンパス内の人口密集率を下げるために、キャンパス内などの寮にいる学生を早々に実家に帰宅させる」コロナ感染予防対策をいち早く取っています。

さらに、留学生のアドミッションに欠かせないTOEFLやGREなどを運営しているETSは、4月2日から北米、欧州、日本など、中国とイランを除くほとんどの国でTOEFLやGREのテストをオンラインで提供すると発表しており、実施をしています。

 

留学奨学金の影響について

留学奨学金は、いわば「留学の命綱」です。アメリカ留学の費用として利用を予定していた留学奨学金もコロナの影響で支給条件等が変わっているので、しっかりと確認しておきましょう。

特に留学資金として多く利用される日本学生支援機構の「海外留学支援制度」、及び「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」については、支援内容が文部科学省の公式ページで発表されています。

まず、現在派遣中の留学生の方の奨学金の取り扱いが、一時帰国する場合と一時帰国が困難な場合で対応が異なるので、よく確認しておきましょう。

①一時帰国する場合:
所属大学等を通じて、留学一時中断の手続きが必要です。ただし、留学の中止扱いとはなりません。留学が再開可能な状況に改善し、当初予定していたとおりの留学を再開することが可能となった場合、留学中断前に支給された奨学金の返済は不要で、留学再開後には残りの奨学金が支給されます。さらに、一時帰国後にオンライン授業で留学先の大学や大学院の学修を継続していることが認められた場合は、奨学金支給はそのまま継続されます。

②一時帰国が困難な場合:
航空便の運休や減便のために速やかな帰国が難しい場合は、奨学金の支給が継続されます。

次に、海外派遣前の学生の方の奨学金の取り扱いについても、確認しておきましょう。

「海外留学支援制度」、及び「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の両制度では、奨学金の取り扱いについての必要な手続は所属大学などを通じて行うことになります。現在調整中の手続きについては、後日各大学などに連絡される予定となっており、第二種奨学金(海外短期留学)についても在籍証明書などの提出時期を延長するなど柔軟に対応しています。

また、アメリカの大学から奨学金を受ける予定だった場合は、受け取るはずだったスカラシップはどのような扱いになるのかなどを留学先の大学側にしっかりと確認することが大切です。

今後も、刻々と変わっていくコロナの影響状況の最新情報を収集しながら、アメリカ留学を再開、実現できる時期を探ってみましょう。

 

参考リンク:

Lighthouse Los Angeles ~ 教育界の新型コロナウイルスへの対応
World Avenue ~ コロナウイルス感染拡大防止に伴うアメリカの措置と状況【留学関連情報】
Ministry of Education, Culture Japan ~ 海外に派遣中・派遣予定であった日本人学生の皆さんの奨学金の取扱いについて
US ICE ~ All News Releases: COVID-19


コラムニスト・インフォ
S.K
GPI US プログラム・コーディネーター
  
高校まで日本で過ごし、カリフォルニア州のコミュニティー・カレッジから大学に編入/卒業。 
自分が留学で得た素晴らしい経験を1人でも多くの日本の生徒に伝えたいという思いでGPI USに入社しました。
   

「伝えられた事は忘れる、教えられた事は覚えている、関わった事は学びとなる。」- ベンジャミン・フランクリン