GPI US COVID-19 Response: Learn more

Coming Soon: Virtual Experiences with Japan Bound Learn more

大学専攻が将来の就職と結びつく!
アメリカの大学入学前に考えるべきこと 

アメリカの大学に留学されたいと検討されている方の中には、将来の就職に結びつく留学生活を送りたいと考えられる方も少なくないはずです。

アメリカの大学に入学する前に将来のビジョンをしっかりと描きながら、大学でどの専攻分野を選ぶのかをじっくり考えることが将来の就職活動においてとても重要になります。

今回は大学入学前に考えておくことをお勧めする事項について紹介いたします。

 

アメリカ留学で専攻を選ぶ時に考えておくべきこと

アメリカの大学の魅力のひとつは、入学後の学部や専攻の選択自由度が高いことです。大学入学後でも専攻分野を決めることができるだけでなく、在学中に何度でも学部や専攻を変えることもできます。

しかし、入学後になかなか専攻分野を決められない場合や、3年生後半になって専攻を変えた場合は、専門分野における卒業単位を履修するまでに時間がかかるため、結果として留学期間が長くなってしまうこともあります。また、専門性が高くても研究分野が限られる専攻分野を選んだ場合、卒業後の就職に直接結びつかないこともあります。

そのため大学で学んだことを就職に活かしたいと思われている方は、留学中に何を学び、どんな専門知識を修得して、どんな仕事に就きたいかを考慮しながら、慎重に専攻を選ぶようにしましょう。

 

アメリカ留学で人気の専攻分野TOP3は?

アメリカの大学では、ビジネス、エンジニア、そして医療の3つが人気の専攻分野として注目されています。
この3つの分野にも共通しているのが、将来の就職に結びつく専門知識であることです。

特にビジネスは、アメリカの大学生だけでなく、世界中から集まる留学生にも人気の専攻分野で、経営や貿易、金融、会計などに細分化されています。ビジネスに欠かせない知識は企業にとって即戦力になるため、留学後の就職に直結する分野といえるでしょう。

また、コンピューターやネットワークなどのIT関連の専攻分野も、留学生から高い人気を集めています。世界のIT業界を牽引するトップクラスの知識や技術が集約しているアメリカだからこそ学べる事があると人気が高まっています。

 

カリキュラムの理解をするためのスクールカタログとは?

アメリカの大学留学生活をより具体的にイメージするために欠かせないのが、スクールカタログです。各大学で毎年発行されていて、セメスターのはじめに在学生に配布されます。

スクールカタログには、入学基準、学費や寮費、年間計画など大学の一般的な情報のほか、1セメスターで取得すべき単位数や卒業に必要な単位数、各科目の講義要綱や開講セメスター、卒業までのカリキュラムスケジュールモデルなどが細かに説明されています。

アメリカの大学では、どの専攻分野を選び、どの科目を、どのセメスターで履修していくのか、卒業までのカリキュラムをどう組み上げていくのかを自分で決めなくてはいけません。そのためには、スクールガイドをしっかりと読み込んでおくことが大前提となります。

大学によって、リクエストをすれば、入学前に参考として前年度のスクールカタログを配布してくれる場合があります。留学前にスクールカタログをしっかりと読み込んで理解しておくと、留学生活をスムーズに始めることができるでしょう。

 

日本にはない!ダブルメジャー制度について

アメリカの大学には、日本の大学にはない「ダブルメジャー制度」があります。大学で2つ分野を同時に専攻し、どちらも主専攻として学ぶ制度です。シングルメジャーで学ぶよりも知見や視野を広げることができ、幅広く柔軟性のある知識を身に付けることができるため、卒業後の就職にも大きなメリットになります。

ただし、ダブルメジャーを選んだ場合、シングルメジャーと比較して授業や課題の数が多くなるため、学習面でかなり負荷がかかり、大学生活はよりハードになります。

留学前からダブルメジャーを検討している場合は、どの専攻を組み合わせ、どんな形で将来に生かしたいのかをしっかりと見据えると同時に、大学の授業にしっかりついていけるように英語力を向上させておくことが重要となりそうです。

 

まとめ

アメリカの大学は日本の大学とは異なる制度も多く、入学後に戸惑うことがあるかもしれません。しかし、留学前から大学卒業後に社会でどのように活躍したいのか、そのために有利となる専攻分野は何かといった情報を調べておくと、充実したアメリカ留学生活を送ることができます。

入学する大学のスクールブックを入学前にしっかりと読み込み、将来の自分のイメージに近づける専攻分野とカリキュラム内容を確認しながら目標を向かって進んでいきましょう。

 

参考リンク:

留学の窓口 ~ アメリカの大学で何を専攻するべきか?
ヨッシーのアメリカ留学談 ~ アメリカ大学、専攻選びが決まらない?
アメリカ留学なら栄 陽子留学研究所 ~ アメリカの大学で何を学ぶのか? ―専攻についての考えかた
GLC(Global Learning Center)~ 学生の柔軟な学びを可能にする「ダブルメジャー制度」とは?
アメリカ留学なら栄 陽子留学研究所 ~ スクールカタログを読む


コラムニスト・インフォ
S.K
GPI US プログラム・コーディネーター
  
高校まで日本で過ごし、カリフォルニア州のコミュニティー・カレッジから大学に編入/卒業。 
自分が留学で得た素晴らしい経験を1人でも多くの日本の生徒に伝えたいという思いでGPI USに入社しました。
   

「伝えられた事は忘れる、教えられた事は覚えている、関わった事は学びとなる。」- ベンジャミン・フランクリン