GPI US COVID-19 Response: Learn more

Coming Soon: Virtual Experiences with Japan Bound Learn more

リアルニホンゴ・リアルエイゴシリーズ始まります!

外国語を学ぶ理由は人それぞれあると思います。外国人と話したいから、仕事で使うから、外国に将来住みたいから・・・さらに新しい語学を学ぶのは、時間もかかりますし、辛抱強く長期にわたって勉強していかなければいけません。少しずつ語彙も増えて、文法も分かって、聞き取りも、話すこともできるようになってきたら、次のステップで求めることは「ネイティブスピーカーのようにコミュニケーションが取れるようになること」でしょう。

 

ネイティブスピーカーのように話すとは?

では「ネイティブスピーカーのように話す」とは一体どういう事でしょうか?

色々な研究資料はありますが、簡単に言えば「発音・リズム・単語」にフォーカスする事。ネイティブスピーカーが実際に使っているような単語を使って、発音やリズムをとことん真似してみてください。GPIが始めるリアルエイゴ・リアルニホンゴシリーズでは、日常的に使われる言葉やフレーズGPIスタッフがどんどん紹介していけたらと思います。

 

カジュアルな言い回しを学ぶ

リアルエイゴ・リアルニホンゴで出てくる単語や言い回しは、友達同士で使えるカジュアルな表現を中心としています。学校や語学学校で学ぶ表現は、主に丁寧な言い回しなどニュースなどで使われる表現が中心となっています。普段教科書から学ぶことができない、「リアル」な表現をこのシリーズでは紹介していきます。

例:
“Hello, how are you?”
“I am fine. Thank you, and you?”

上記は教科書で学ぶ典型的な挨拶の例でしょう。しかし実際に仲の良い友達にあった時にこの挨拶を使う人はあまりいないかもしれません。

リアルエイゴ・リアルニホンゴシリーズでは、実際にネイティブスピーカーが使う「発音・リズム・単語」を紹介して、語学学習をもっと奥深くまで楽しめるお手伝いができればと思っています。是非このシリーズで学んだ言い回しを試してみてください!

 

Instagramでリアルエイゴシリーズのフォローをお願いします!

 

   

「伝えられた事は忘れる、教えられた事は覚えている、関わった事は学びとなる。」- ベンジャミン・フランクリン