アメリカでの就職活動のステップとは?
アメリカと日本での就職活動の違い

アメリカ留学で卒業が迫ってきた時に考えるのが、卒業後のキャリアです。アメリカの大学に入学したからには、そのままアメリカで就職したいと考える方も多いのではないでしょうか。

「留学先の大学卒業後に、アメリカで働きたい!」と思ったら、アメリカで就職活動をしなくてはいけません。ビザなどの問題もあるので、卒業後はできるだけスムーズに就職先を決めたいところです。

しかし、アメリカの就職活動ステップは、日本と大きく異なります。アメリカで就職活動する時に戸惑わないように、アメリカと日本の就職活動の違いを事前に確認しておきましょう。

 

アメリカと日本の就職活動の違いとは?

それでは、アメリカと日本の就職活動の主な3つの違いを見てみましょう。

 ① 就活シーズン

まず、アメリカでの就職活動には、日本の学生が一斉に就職活動をするような、いわゆる“就活シーズン”はありません。アメリカでは、部署に欠員が出た時に人材を募集する「通年採用」が一般的となっているからです。つまり、アメリカでは日本特有の「新卒一括採用」という雇用文化がないため、いつでも就職活動が可能です。

 ② 学歴や大学の専攻、在学中の成績が重要

日本と比較して自由が尊重されるアメリカですが、実は日本よりもシビアな学歴社会です。人材採用をする時は、募集しているポストに見合う大学ランクや専攻分野が重要視される傾向にあります。また、大学のGPA (成績評価基準)が一定以上であることが応募の必須条件に設定している大手企業も数多くあります。そのため、在籍する大学のランクや学業への日頃の取り組みが、就職に大きく結びつくと言えます。

 ③ インターンシップやアルバイト、ボランティア活動などの実務経験も重要

日本でも大学生のインターンシップが徐々に増えていますが、アメリカではほとんどの学生が、学年を問わず積極的に企業のインターンシップに参加しています。企業での実務経験は、就職活動で「即戦力としての実務スキル」をアピール出来るからです。また、就職活動時に必要となるReference(推薦状)をインターンシップ先の上司などに書いてもらうことができます。ある程度のポジションの方からの推薦状があれば、就職活動が有利に進む場合もあるようです。

応募するポジションによっては、インターンシップだけでなく、ボランティア活動やキャンパスでのアシスタント、アルバイトなどの経験もアピールできる実務経験となるので、学業とのバランスをとりながらできる限り参加してみましょう。

 

アメリカと日本の選考フローや期間の違い

アメリカと日本で就職活動に大きな違いがあるように、採用選考フローや内定が出るまでの期間等も異なります。

日本の選考フローは、採用選考を行うのは配属先部署の担当者ではなく、「人事部」が行うことが多くあります。まずエントリーシートからふるいにかけ、書類選考を経て、筆記試験や面接を行います。新卒一括採用に合わせて採用予定人数までの応募者を絞り込んでいくプロセスになるので、内定が出るまでの期間が早くて数ヶ月~1年程度と期間も長くかかります。

一方、アメリカでの選考フローはとてもシンプルで、エントリーシートなどの応募書類による書類選考と面接がメインです。もちろん書類選考に通過した人だけが面接へと進むことができ、面接は募集している部署の責任者によって行われます。そのため、選考フローも効率的に進められ、早い場合は「1週間後には入社してほしい」などあっさりと決まることもあります。

 

応募プロセスや選考プロセスは全てオンラインで

日本でも企業へのエントリーシートをはじめとする応募書類は、オンラインで送ることが多くなってきましたが、面接は企業の指定場所で採用担当者と行うというのが基本になります。一方、アメリカでは応募書類の提出から面接まで全てオンラインで進むことが主流となっています。面接はSkypeなどで行われるため、企業にとっては選考を効率的に進めて優秀な人材をいち早く採用でき、応募者にとっては就職活動にかかる経済的負担が軽くて済むというメリットがあります。

アメリカで就職を希望する場合は、アメリカにある日系企業にチャレンジする選択肢もありますが、就職活動の流れやプロセス、採用の基準はアメリカ式となることも少なくありません。アメリカでの就職活動のプロセスをしっかり確認して、留学中は最新の求人情報をキャッチするようにしましょう。

 

参考リンク:

外資就職 ~ 日本より学歴主義?!アメリカでの新卒就職活動事情
Infraインターン ~ 【アメリカの就活、日本とこんなに違う!?】日米就職活動徹底解析!
アメリカで生きる ~ アメリカ米企業で就活:日本とアメリカの採用基準の大きな違い
mAmerica ~ アメリカの大学生って、いつどうやって就職活動を始めるの?日本人留学生必読の採用プロセスにおける日米の大きな違いとは?


コラムニスト・インフォ
S.K
GPI US プログラム・コーディネーター
  
高校まで日本で過ごし、カリフォルニア州のコミュニティー・カレッジから大学に編入/卒業。 
自分が留学で得た素晴らしい経験を1人でも多くの日本の生徒に伝えたいという思いでGPI USに入社しました。
   

「伝えられた事は忘れる、教えられた事は覚えている、関わった事は学びとなる。」- ベンジャミン・フランクリン