日本とこんなにも違う⁉
アメリカの履歴書やカバーレターの書き方と重要なポイント

アメリカ留学を検討されている方の中には、留学後にアメリカ現地で就職がしたい。留学中に企業インターンシップやアルバイトをしてみたいと考えている方は多いのではないでしょうか。

履歴書は、希望する仕事を手にするためのファーストコンタクトです。しかし、アメリカの履歴書は日本の履歴書の書き方とは大きく異なります。そのため、日本で書いた事があるという方でも、いざ応募する時に戸惑うかもしれません。

今回は、アメリカで履歴書を準備する時に知っておきたい「日本の履歴書との違い」についてご紹介します。

 

アメリカと日本の履歴書の書き方の違いについて

アメリカで履歴書のことはレジュメ(resume)と呼ばれており、必要な内容をA4サイズのシート1枚に簡潔にまとめたものになります。

【書き方の違い①:履歴書の書式は自由】
日本の履歴書はフォーマットに違いがあまりなく、ほぼ記入する項目や順番が決まっているため、あまり差が出しにくくなっています。一方で、アメリカの履歴書のフォーマットは基本的に自由です。自分なりにアレンジしながら、応募するポジション(仕事)に必要なスキルや経験を、工夫し明確にアピールすることができます。

【書き方の違い②:手書きはNG!パソコンで作成】
アメリカではパソコンでの作成が常識となっているため、手書きによる履歴書は絶対にNGです。フォントや行間の指定は特にありませんが、採用担当者が読みやすいフォーマット、フォント、行間であることが必須条件です。

【書き方の違い③:新しい履歴(現在→過去)の順に書く】
アメリカの履歴書に書く経歴は、日本と逆で、現在から過去の順で記入することが特徴です。これは、アメリカでは常に即戦力になる人材を求めていることが求人の基本となっているためです。過去の経歴よりも現在の採用価値を重要視していることになります。

【書き方の違い④:推薦者を記入する】
アメリカでは、履歴書に推薦者(reference)の記入が必要な場合があります。推薦者は家族以外の第三者で、大学の教授や元勤務先の上司、友人など2~3名が一般的です。また、履歴書と一緒に推薦状が求められることもあるので、あらかじめ推薦者に推薦状を頼んでおくとよいでしょう。

 

注意!アメリカの履歴書で書いていけないことは事前に知っておこう

アメリカには、労働に関する法律の中にAnti-discrimination Law(反差別法)が制定されています。これは個人のスキルなどを正当に判断し、採用するための法律で、アメリカの履歴書に記入してはいけない項目があります。日本では一般的に記入する項目が、アメリカでは記入してはいけない項目になっているものもあるため、間違えて記入しないように、事前に必ずチェックしておきましょう。

【履歴書に書いてはいけない主な項目】

・年齢
・生年月日
・性別
・結婚歴/離婚歴
・子どもの有無
・家族構成

また、アメリカの履歴書に顔写真を貼る必要はありません。スキルや適性を判断する前に、写真によって応募者の印象に影響してしまう可能性があるためです。

 

アメリカでは常識!履歴書を送付する時に必要なカバーレターとは?

アメリカでは、履歴書と一緒に送る「カバーレター」は非常に重要な書類となります。なぜなら、カバーレターの内容によって、採用者が履歴書やポートフォリオに興味を持ってくれるかどうかが決まるからです。

カバーレターには、応募動機や応募経緯、自己PRと合わせて、面接を希望していることを、採用者が理解し、関心を持って貰えるよう記入することがポイントです。つまり、カバーレターこそが希望する仕事やポジションを掴むための第一関門であり、書類審査を突破するための大切な書類になります。

カバーレターが単なる送付状でないことを十分に理解し、履歴書とともに魅力的なカバーレターもしっかり準備しておくようにしましょう。

 

アルバイトでも履歴書はしっかり書いてアピールしましょう。

アメリカの大学留学中に、現地でアルバイトを経験したい方もいるでしょう。主なアルバイト先はキャンパス内となりますが、大学によってはキャンパス外のアルバイトを許可している場合もあります。

キャンパス内のアルバイトの募集はオンラインになっていることが多く、申込フォームに入力するだけで応募可能ですが、学校によってはオリジナルの履歴書による応募が必須となっていることもあります。また、キャンパス外でのアルバイトやインターンシップ先を見つける場合は、自分で履歴書を作成する必要があります。

大学名や専攻を書くのはもちろんですが、これまで参加してきたボランティア活動や日本でのアルバイト経験は立派なアピールポイントになるのでしっかり記入しておきましょう。

 

まとめ

アメリカの履歴書は「いかに自分がその仕事・ポジションに適しているのか」を売り込むためのツールです。
最初は履歴書の書き方の違いに戸惑ってしまいますが、留学後にアメリカで就職を考えている方は履歴書とカバーレターの書き方をしっかりと事前に身に付けておかれることをお勧めします。

 

参考リンク:

アメリカ留学UKIの節約生活 ~ 日本VSアメリカ:履歴書の違い編
明日の話題に少しの彩り ~ アメリカと日本における履歴書の違いが驚愕過ぎる件
Hawaii Milestone ハワイでコンテンツマーケティング ~「アメリカの履歴書」日本との驚きの違いは?【海外就職の第一歩】
Prepared slides ~ 英文で履歴書・経験がない大学生はどう作る?:インターンシップブログ
English Pedia ~ アメリカ留学中も働ける!学内アルバイトしていた私が解説します。


コラムニスト・インフォ
S.K
GPI US プログラム・コーディネーター
  
高校まで日本で過ごし、カリフォルニア州のコミュニティー・カレッジから大学に編入/卒業。 
自分が留学で得た素晴らしい経験を1人でも多くの日本の生徒に伝えたいという思いでGPI USに入社しました。
   

「伝えられた事は忘れる、教えられた事は覚えている、関わった事は学びとなる。」- ベンジャミン・フランクリン