アメリカで使える!
便利な電子マネーと人気のキャッシュレスアプリについて

日本でも最近注目が集まっているキャッシュレス決済ですが、アメリカでも留学生活に欠かせません。大学の授業料の支払いやキャンパス内の買い物はもちろん、日常の買い物や外食、アクティビティなどでも、ほとんどの支払いでキャッシュレス決済が行えます。

今回は、アメリカのキャッシュレス事情をはじめ、アメリカでよく使われているモバイルペイ、学生間でも人気が高い個人間送金アプリについて紹介します。

アメリカのキャッシュレス事情について

アメリカは、世界屈指のキャッシュレス社会です。世界に先駆けて1950年にクレジットカードが誕生し、早くからクレジットカードが決済ツールとして日常生活の必需品として浸透してきました。

ほぼすべての支払いは、小切手(チェック)、クレジットカードやデビットカード、スマホアプリなどキャッシュレス決済で済ますことができます。特にキャッシュレスの主流でもあるクレジットカードとデビットカードの利用率は高く、決済手段全体の55%となっています。そして、スマホアプリを使った電子決済もその手軽さから人気が高まっており、今後はクレジットカードとともにキャッシュレス決済の主流となっていきそうです。

アメリカでキャッシュレス化が進む理由として、スマホの普及が大きく影響していますが、そもそもアメリカでは多額の現金を持ち歩く習慣があまりありません。多額の現金を持ち歩いていると、思わぬ犯罪に巻き込まれてしまうこともあり、控えている人が多いと言われております。留学中はチップが払える程度の少額の現金だけを持ち、支払いはキャッシュレスで済ますのも良いかもしれません。

アメリカで使われている主なモバイルペイとは?

アメリカで使われている主なモバイルペイは、Apple Pay、Android Pay、Samsung Payの3種類です。アプリにクレジットカードを登録すると、スマホをかざすだけで支払いができます。

以前の記事で、アメリカで携帯電話をもつ方法を紹介しましたが、留学前に携帯電話を決める予定の方は、モバイルペイの設定を事前にしておくと、トラブルなく留学生活をスタートさせることができるかもしれません。

また端末の種類に関係なく使えるモバイルペイで人気が高く、利用されているのが、大手コーヒーショップチェーンのスターバックスが提供する「スターバックスアプリ」です。スターバックスでのみ利用できるアプリですが、他のモバイルペイよりも早くにサービス提供をスタートし、利用するごとにさまざまな特典がついてくることが魅力となっています。アメリカでの留学生活を始めたら、ぜひスターバックスのアプリもダウンロードされることをお勧めします。

割り勘でも使える!主な個人間送金アプリ

日本でも割り勘などの個人間送金で使えるLine Payがありますが、アメリカでは主にVenmo、Zelle、Paypalの3種類が個人間の送金アプリとして使われています。

アメリカでよく使われているVenmoは、使用している端末に関係なく利用可能なため、送金操作も簡単です。Venmoの支払い手段として銀行口座とデビットカードを選ぶと手数料はかかりませんが、クレジットカードを利用すると3%の手数料がかかります。日常生活の支払いによく使われるアプリなので、銀行口座の開設が完了後にダウンロードされることをお勧めします。

Zelleは、2017年に30行以上の銀行が共同で設立した手数料無料の個人送金サービスです。送金が数分で完了するスピーディさと、送金限度額がVenmoよりも高額に設定されているメリットがあります。メガバンクをはじめとしたアメリカ国内の銀行ネットワークによる使いやすさと安心感によって、今後利用者が増えていくと考えられています。

老舗のオンライン電子決済アプリPaypalは、iOSとAndroidの両方に対応しており、e-mailを使って送金できる点が特徴です。世界中のアカウントに送金することが可能で、基本的に送金手数料がかからないのも大きなメリットです。Paypalでは1回の送金限度金額が$10,000なので、大きな額を送金する時に便利です。

まとめ

アメリカで使われているキャッシュレス決済のツールはさまざまな種類がありますが、すべてのキャッシュレス決済方法を利用する必要はありません。多種類のキャッシュレス決済を同時に使っていると、留学中の生活費管理が複雑になることもあります。自分の留学生活に合ったキャッシュレスツールに絞り込んで、しっかり管理できるようにされると、より便利に感じられるかもしれません。

参考リンク:

ニューヨークピックス ~ アメリカ個人間送金アプリ3選
千葉銀行 ~ USインサイト
東洋経済オンライン ~ 日本と大違い!米国若者のキャッシュレス事情
GIZMODO ~ 全米で最も人気のモバイル決済は、Apple PayでもGoogle Payでもなく、「スタバ」アプリでした
MAStand ~ 米国の若者に人気な個人間送金サービスとは?


コラムニスト・インフォ
S.K
GPI US プログラム・コーディネーター
  
高校まで日本で過ごし、カリフォルニア州のコミュニティー・カレッジから大学に編入/卒業。 
自分が留学で得た素晴らしい経験を1人でも多くの日本の生徒に伝えたいという思いでGPI USに入社しました。
   

「伝えられた事は忘れる、教えられた事は覚えている、関わった事は学びとなる。」- ベンジャミン・フランクリン