アメリカ料理ってズバリ何?なぜそのフードを食べるようになったのか食文化の歴史を探る

「留学する」ということは、ズバリ、「アメリカ現地で生活する」ということ。留学生活の中で、現地での食事は欠かせません。しかしながら、「アメリカ料理って、一体どんな料理?」と意外とアメリカ料理が思い浮かばない方も多いのではないでしょうか。

今回は、アメリカ食文化の歴史について触れながら、どんな料理がアメリカ料理なのか、なぜその料理がアメリカで食べられるようになったのか、現在のアメリカ人の食事例など、多角面からご紹介します。

1.アメリカ料理の代表的フードとは?定番のファストフード&イベントを彩る家庭料理

まずアメリカ料理の定番フードとして、ハンバーガーやフライドチキン、ホットドック、ピザなどが挙げられます。日本でもおなじみのファストフードなので、留学前でもイメージがしやすいのではないでしょうか。ただし、アメリカ現地のファストフードのサイズは、日本でのサイズよりも格段に大きくなります。アメリカで留学生活が始まった時にまず驚くのは、ファストフードのボリューム感かもしれません。

また、1年に1度家族が集まる時の主役になるアメリカ料理もあります。例えば、感謝祭のメインディッシュでもあるローストターキーは、アメリカの代表的な料理です。各家庭特製のグレイビーソースをかけて食べるので、「アメリカ家庭料理の代表」といえます。

2.【アメリカの食文化】アメリカ料理の成り立ちを探ってみよう

アメリカは、さまざまなバックグラウンドを持つ移民によって作られた国です。そのため、アメリカの食文化は世界の多種多様な食文化が融合しながら成り立ち、発達してきました。

アメリカは、広い国土の中に人口が分布しており、郊外や田舎の人口が少ない地域でも効率よく食品を生産できるようにオートメンション化が進められてきました。ファストフードとともに、冷凍食品やレトルト食品、缶詰など手軽に家庭で調理できる加工食品が早い時期から広く普及してきました。

また、世界に先駆けて女性の社会進出が進んでいたアメリカでは現在も共働き世帯が多く、日常的な食事は簡単に調理できるものが重宝されてきました。

加工食品を上手に取り入れた手軽な料理が一般的となっていることも、アメリカ食文化の特徴といえるでしょう。

3.時代とともに変わってきたアメリカの食事スタイル

アメリカの食事は、歴史背景や時代とともにスタイルが大きく変化してきました。

1880年代からアメリカ南部で制定されたジム・クロウ法によって、レストランでのテイクアウトサービスが始まりました。1850年代にカリフォルニア・ゴールドラッシュを機に始まった中華料理店をきっかけに、1920年代頃からデリバリーサービスが提供されるようになったとされています。

また、アメリカでデリバリーフードの定番でもあるピザは、第2次世界大戦後に帰還した米軍兵士によって絶賛されたことで、一気にアメリカに浸透しました。今では簡単にインターネットやアプリから注文でき、1日当たりアメリカ人の8人に1人が食べるほど定番になりました。

また、戦後、車やテレビが一般家庭に普及したことにより、レストランでの外食よりも家や車の中で手軽に食べられるハンバーガーや、ホットドックなどのファストフードが大ブームとなったことも、アメリカの食事スタイルが大きく変化した時代背景のひとつといえます。

4.シンプルが一番!現代のアメリカの食事例

現代のアメリカの食事は、日本と比べると非常にシンプルな食事が一般的です。

books and grains
Pexels

【一般的なアメリカの食事例】
朝食:シリアルやパンケーキ、ミルク、フルーツ、コーヒー
ランチ:ピーナッツバターサンドやマフィン、ゼリー、スナック、フルーツ
夕食:テイクアウトしたファストフードやデリバリーされたピザ、もしくは冷凍食品や加工食品を簡単に調理したものなど。

アメリカの歴史を振り返っても、食べられている物に大きな変化はありません。なかでも、ピザは、アプリやインターネットの時代になってより身近なフードとなりました。

つい食べてしまう美味しさがアメリカ料理の魅力ですが、アメリカ料理のほとんどが高カロリーな料理であることも事実です。アメリカ留学中は、野菜のバランスや摂取カロリーを少し意識しながら、自分に合った摂取量でアメリカ料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

参考リンク:

American View ~ テークアウトの食べ物から分かるアメリカの歴史
Travel Book ~ アメリカの定番食べ物・料理30選:高カロリーだけどみんな大好き!
留学スクエア ~ アメリカの食文化はファストフードが一般的?
暮らし~の[クラシーノ] ~ アメリカの食事が美味しすぎる!アメリカ定番のご飯&食べ物ランキング14!


コラムニスト・インフォ
S.K
GPI US プログラム・コーディネーター
  
高校まで日本で過ごし、カリフォルニア州のコミュニティー・カレッジから大学に編入/卒業。 
自分が留学で得た素晴らしい経験を1人でも多くの日本の生徒に伝えたいという思いでGPI USに入社しました。
   

「伝えられた事は忘れる、教えられた事は覚えている、関わった事は学びとなる。」- ベンジャミン・フランクリン