アメリカで自動車を購入するには?

都市部などでは地下鉄が利用できるアメリカですが、広大な国土を移動する際には自動車が欠かせません。これは留学生でも同じです。普段は自宅と学校を行き来するだけでも、ちょっと遠出するとなれば自動車が必要になります。

そこで、今回はアメリカで自動車を購入する方法について解説します。これからアメリカに留学しようとしている人はぜひ参考にしてみてください。

 

新車で買う場合

留学生で新車を購入する機会はあまりないかと思いますが、まずは新車を購入する際の大まかな流れを紹介します。
新車の場合、大まかには以下の流れで購入します。

  • 情報を集めて買いたい自動車を決める
  • 見積もり作成を依頼する
  • 必要に応じて価格交渉をする
  • 購入

大まかな流れは日本で購入する場合と変わりありません。情報を集める上で、実際に販売店を訪れて試乗することも忘れないでください。当然ですが価格交渉などはすべて英語で行うため、語学力も求められます。また、新車となるとかなり高額なので、どうしても新車でなければいけない場合以外は中古車の購入をおすすめします。

 

中古車で買う場合

では、中古車を購入する際はどのような流れで購入するのでしょうか?おおまかな流れは新車購入時とほとんど同じですが、より詳しい手順は以下のようになります。

  • 中古車サイトなどで情報を集める
  • KBB(ケリー・ブルー・ブック)で価格査定を行う
  • VINナンバー(車両番号)をもらって過去の事故の有無を確認する
  • 試乗
  • 価格交渉、契約
  • 車の保険を購入する
  • 車検
  • 納車

アメリカで中古車を購入する際に役立つのがKBB(Kelly Blue Book(ケリー・ブルー・ブック))というサイトです。このサイトでは、中古車の相場や自動車の状態など細かい情報が掲載されていて、自分が住んでいる地域の中古車相場も確認することができます。いきなり中古車販売店に行っても提示される中古車の価格が安いのか高いのかわからない人も少なくないかと思うので、事前にKBBを利用して相場を把握しておくと車選びや価格交渉の際に役立つでしょう。

また、中古車ということもあって、中には過去に事故を起こしている車もあります。そう行った車を避けたい場合は、VINナンバーと呼ばれる車両番号を取得して事故の有無を確認することをおすすめします。

最後に個人売買で中古車を購入した際は、自分でDMV(車両管理局)という自動車の登録や免許の発行などを行う公的機関で手続きを行う必要があることもあります。その際には以下のものが必要になるので用意しておくようにしましょう。

  • 所有権証明書
  • 売る人のサイン
  • 買う人のサイン
  • 走行距離
  • 排ガス検査(車検のようなもの)
  • 移転料
  • 税金

 

中古車購入時の注意点

中古車の場合、個人売買も1つの選択肢になりますが、英語が満足に話せない場合は交渉が難しくなる恐れがあるほか、手続きなどでトラブルになる可能性もあります。そのため、基本的には中古車販売店を利用するようにしましょう。なお、日本語で対応可能な日系の中古車販売店もあるため、語学力に不安な人はこちらを利用しましょう。

 

日本の中古車市場との比較

日本とアメリカの中古車を比較した際の大きな違いの1つが、価格と走行距離です。日本の場合、中古車の中には数万円で購入できるものもありますが、アメリカではこのような価格帯の中古車はほぼありません。販売店にもよりますが最低でも20万円以上はかかると考えておいた方がいいでしょう。

また、日本だと走行距離が5万キロを超えると「結構走ってるなー」という印象を受けるかもしれませんが、アメリカでは5万キロは大した走行距離とはみなされません。またアメリカでは10万キロを走行した中古車も普通に販売されており、値段もそれなりの価格に設定されています。

こんなにも長距離を走っている中古車が普通に販売されている理由は、アメリカの道路事情にあります。アメリカでは車での移動時にフリーウェイと呼ばれる高速道路をメインに活用することになり、ストップと発進を繰り返す機会が日本と比べて少ないため、走行時に車にかかる負担が日本ほど大きくありません。また、日本の夏は非常に暑くエンジンやゴム類などに大きな負担がかかりますが、アメリカのほとんどの地域ではそういったことはありません。

このように日本とアメリカでは日常的に車にかかる負担に違いがあるため、アメリカでは車が劣化しにくく、それが中古車相場にも反映されるのです。よってアメリカで中古車を購入するのであれば、日本にいた時の感覚で年式や走行距離をベースに中古車価格を判断せずに、まずはちゃんと走るかどうかなど実際に試乗することでお目当ての中古車の状態を確認するようにしましょう。

 

まとめ

今回はアメリカでの車の購入方法について解説しました。購入の流れ自体は日本で買うときとそれほど違いはありませんが、アメリカと日本では中古車の価格や年式、走行距離の感覚が異なるため、中古車を購入するときはKBBなどで相場を確認するようにしてください。また、日系の販売店を利用するのも1つの方法です。

 

参考リンク:

熊のカリフォルニアMBA留学日記 CAで快適運転生活。新車のお薦め購入方法
mAmerica アメリカで失敗せずに中古車を買うためにできることとは?これに気をつけないと、とんでもない車を買わされてしまうかも!
There is no Magic!! 8ステップで完了!アメリカ中古車購入完全ガイド【留学生必見】
アメリカ留学UKIの節約生活 アメリカで車を手に入れるには?意外と安い費用と手続き
San Francisco Fleet & Leasing アメリカでの車選び|日本と違う走行距離の感覚
Ms. Grumble 日本の感覚でいくと大ケガ必至!?「アメリカの中古車あるある」10選
RISTA DRIVING SCHOOL DMVについて


コラムニスト・インフォ
S.K
GPI US プログラム・コーディネーター

  
高校まで日本で過ごし、カリフォルニア州のコミュニティー・カレッジから大学に編入/卒業。 
自分が留学で得た素晴らしい経験を1人でも多くの日本の生徒に伝えたいという思いでGPI USに入社しました。

   

「伝えられた事は忘れる、教えられた事は覚えている、関わった事は学びとなる。」- ベンジャミン・フランクリン