GPI US留学プログラムの前に
考えておくべき4つのこと

この春、GPI US留学プログラムで渡米する留学生のみなさんに、米国留学の準備のためのヒントをいくつかご紹介します。 初めて海外を訪れる人にも、何度も海外旅行経験のある人にもきっと役に立つと思います。

 

1.何を持っていくべきか?

留学プログラムに向けた荷造りはお済みですか?日本を離れて渡米する前に、留学中に何があっても困らないように準備しておくようにしましょう。 準備の際には次のような点を念頭におくとよいでしょう。

  1. どんな気候だろう?暖かい?それとも寒い?雪が降る?あらゆる天候に備えておきましょう。 たとえば、ボストンは天気が変わりやすいことで有名です。 判断が難しいときは、様々な天候に対応できるように十分な衣服を持って行きましょう。
  2. 写真を撮るのが好きですか?それとも別の方法で自分の貴重な体験を記録する予定ですか?留学で経験したことを記録しておくための手段を忘れずに用意しておきましょう。きっと楽しく心に残る経験になりますので、記録しておけば後から振り返ることができます。

 

2.下調べをする

米国に滞在する期間はとても短いです。 留学経験を最大限に生かすには、何よりも滞在先の下調べが欠かせません。 下調べの際には次のような点を念頭におくとよいでしょう。

  1. 現地の歴史や文化について知っていることは何でしょうか?訪れたい場所や史跡はどこですか、なぜそこが重要なのでしょうか?
  2. アメリカ人と日本人の文化についてどのような違いがあるでしょうか?そういった文化の違いはどこから生まれると思いますか?
  3. アメリカ人にどのようなイメージを抱いていますか?そのようなイメージは留学プログラム中に変わると思いますか?

留学プログラム中は、これらの疑問に対する答え以外にもいろいろなことを学ぶことになるでしょう。ですが、日本を発つ前に下調べをしておけば、自分の理解や興味がよりいっそう深まります。 洞察力あふれる多くの疑問を用意して渡米するようにしましょう。 好きなだけ多くの疑問をぶつけるまたとない機会ですので、学ぶ準備を整えて出発するようにしましょう。

 

3.プログラムに対する目標を立てる

なぜこの留学プログラムに参加するのでしょうか?滞在経験を楽しめればよいのでしょうか、それとももっと深い経験を求めていますか?

留学生の多くは、達成したい具体的な目標を持って渡米します。 留学に備えて、プログラムに対する自分の目標を定めるのがよいでしょう。何を達成したいですか?リーダーシップ力を向上させたいのでしょうか、自信を深めたいのでしょうか、それとも人を力づける方法を学びたいのでしょうか。あるいは、英語力を磨きたいのかもしれませんし、5種類の異なるアメリカ料理を試したいのかもしれません。 自分の設定した目標が何であるにせよ、明確で現実的で、達成することに夢中になれるものにするのがよいでしょう。

目標はできるだけ具体的に立てるようにしましょう。 たとえば、「英語力を磨きたい」というような目標にするのではなく、「20人のアメリカ人の前で学校生活について英語でプレゼンテーションしたい」、または「今日、知らない人5人に英語で話しかけたい」といった具体的なことにフォーカスして目標を立てるようにしましょう。この2つの目標は焦点が絞られていて達成度もはっきりわかるものなので、達成しやすい目標と言えるでしょう。

目標を定めるだけでなく、達成するためには行動することも非常に大切です。 確固とした目的意識がなければ、プログラムが終了して帰国したときに何も変わらなかったように感じてしまうかもしれません。留学経験をじゅうぶんに生かすには、滞在中に(そして帰国後も!)目標達成を目指して毎日努力することが必要になります。

 

4.柔軟な心で臨む

柔軟な心でいるとは、どういうことでしょうか?それはすなわち、進んで新しいことに挑戦したり、新しい考えに耳を傾けてそれについてよく考えてみたりする、ということです。 荷造りや下調べや目標設定は留学プログラムを成功させる上で大切ですが、もっと大切なのは、柔軟な心でプログラムに参加することです。あなたがこれから訪れる米国では、人々がさまざまな外国語を話し、さまざまな料理を食べ、出身地もさまざまです。アメリカ人がどういった人なのか、という今持っているイメージが、現地に着いたとたんに変わってしまったことに気づくかもしれません。 また、行ってみたい名所があるけれど、仲間の他のメンバーは別の場所に興味がある、といったことがあるかもしれません。

このような機会はプログラム中に学び、変わり、成長する力を促してくれる有意義で貴重な経験です。予想外のことが起きたら、それは新しい何かを発見するチャンスです。どうして他のメンバーは別の場所に行きたいと思ったのでしょう?そこには、下調べをしている間は気づかなかった自分を感動させてくれる何かがあるのかもしれません。柔軟な心で臨み、成長したいと願っていれば、自分の経験から何かを学ぶことができます。正しい心構えで参加すれば、留学プログラムは自分を大きく変える経験となることでしょう!

 

以上4つが、GPI US留学プログラムを最大限に活用する上で欠かせないことです。しかし、ここから先はあなた次第です。行動し、学び、成長することを忘れないでください。そして何より大切なのは留学を楽しむことです!

 


コラムニスト・インフォ
Allison Medoff
   

「伝えられた事は忘れる、教えられた事は覚えている、関わった事は学びとなる。」- ベンジャミン・フランクリン