自分らしく活躍できる場所へ羽ばたく!
アメリカの大学卒業後の就職について

アメリカの大学に留学してキャンパスライフにも慣れてきた頃から少しずつ気になってくるのが、大学卒業後の就職。大学の勉強に追われながらも、心のどこかで不安に思う日本人留学生の方も多いのではないでしょうか。

今回は、アメリカの大学卒業後の就職事情を、アメリカ人の場合、日本からの留学生の場合、そして日本に帰国後の就職についてご紹介しています。アメリカと日本、アメリカ人と日本人留学生の就職事情の違いを踏まえながら、アメリカ大学留学のその先にある未来を考えてみませんか?

 

アメリカの大学卒業後の就職事情 ~アメリカ人のケース~

そもそもアメリカには「新卒入社」という概念がないので、アメリカ人の大学生は大学卒業後にストレートで就職することにこだわってはいません。大学を卒業までは勉強が忙しすぎて就職活動をする時間がないこともありますが、会社に入社することもよりも自身のライフスタイルに合ったキャリアを優先した考え方が根底にあることが大きく影響しています。

また、企業側も人材に空きが出た時に求人募集をするため、大学卒業と入社がタイミング良く合うことも少なく、大学卒業が目前に控えていても就職が決まっていないのはけして珍しいことではありません。アメリカ人の大学生の一部は在学中に企業からオファーを受けることもありますが、ほとんどの学生が大学卒業後に大学で学んだ専攻分野の業界で自身のライフスタイルに合わせて就職をしています。

 

アメリカの大学卒業後の就職事情 ~日本からの留学生のケース~

近年は、日本人留学生が大学卒業後もアメリカにそのまま滞在して就職するケースも増えてきています。しかし、労働ビザの申請審査が厳しくなりつつあることから、アメリカの企業に正式採用されるハードルは残念ながら高くなっているのが現状です。そんな状況の中で、大学卒業後にアメリカで就職を希望する日本人留学生の多くが活用しているのが、OPT(Optional Practical Training)。学生ビザ(F-1)を持つ留学生が大学卒業後1年間アメリカで働くことができるプログラムです。

しかし、留学生が就職先を探すのは簡単なことではありません。そこで、アメリカ人の友達や知り合い、仲の良い教授などに、就職先を探していることをアピールしてみるのも有効な方法のひとつです。留学中に培った人とのつながりは思った以上に広いもの。人脈を通して、OPT先があっさり決まることもあります。

 

日本からの留学生が日本に帰国してからの就職について

アメリカの大学で修得した専門知識と高い英語力は最大の武器になります。アメリカの大学を卒業した学生を積極的に採用する企業は増えてきており、卒業後の入社時期にこだわらなければ就職先となる企業の選択肢は一気に広がります。

帰国後のストレート就職を希望するなら、アメリカ留学中から就職活動を始めておきましょう。毎年11月にマサチューセッツ州ボストンで開催される合同会社説明会「ボストンキャリアフォーラム」は日本人留学生からも人気が高く、世界的に展開している大手企業、金融機関、メーカーなどを含む約200社の日本企業が参加しています。たとえ参加時に採用にならなくても企業の担当者との人脈を作ることができるので、帰国後に思いがけず採用のチャンスを掴むこともあるかもしれません。帰国後の就職を希望しているなら、留学中からアメリカ国内、また日本で行われている就活イベントにはできるだけ参加してみるのもおすすめです。

 

まとめ

アメリカの大学卒業後の就職には、そのままアメリカで就職する、日本に帰国後して就職するといった2つの選択肢があります。まずは、会社に入社することを目標にするのではなく、まずは、アメリカ大学留学で身に付けた知識や留学生活で得たさまざまな経験を生かした、自分らしく活躍できる場を見つけることを目標にしてみましょう。

 

参照記事:
外資就活 日本より学歴主義?!アメリカでの新卒就職活動事情
栄 陽子留学研究所 アメリカの大学卒業後の進路
栄 陽子留学研究所 【新卒入社の発想がない!】アメリカの若者たちが描く未来とは?
TAKTOPIA media 【Karenのぶっちゃけ留学記10】アメリカでは卒業=就職ではない?!
おきどき留学生活 【実体験記】アメリカ大学卒業後にOPTで就職先を見つける方法!


コラムニスト・インフォ
S.K
GPI US プログラム・コーディネーター

  
高校まで日本で過ごし、カリフォルニア州のコミュニティー・カレッジから大学に編入/卒業。 
自分が留学で得た素晴らしい経験を1人でも多くの日本の生徒に伝えたいという思いでGPI USに入社しました。
   

「伝えられた事は忘れる、教えられた事は覚えている、関わった事は学びとなる。」- ベンジャミン・フランクリン