留学時にアメリカの大学側から求められる資格・入学条件とは?

アメリカの大学は、日本のように筆記試験がメインではなく、高校の成績やエッセイなど様々な要素から合否を決めます。また、日本人のように英語を母国語としない留学生には、英語の試験である「TOEFL や「IELTS などが別途課されます。

今回は、アメリカの大学に留学する際に必要な資格・入学条件について紹介します。留学を検討している方はぜひ参考にしてください。

 

アメリカの大学の入学基準

アメリカの大学では日本のように全国一斉での入学試験はありません。その代わりに、主に受験生の6つの要素を参考に合否を決めます。これは留学生だけに限ったことではなく、現地のアメリカ人も同様です。これを「TheSignificant Six と呼び、これら全ての要素を考慮して合否を決定します。

The Significant Sixは下記の通りです。

  • 学校の成績
  • エッセイ
  • 推薦状
  • 課外活動
  • テスト
  • 面接

学校の成績や推薦状、テストなどはある程度イメージできると思いますが、エッセイは少しイメージしづらいかもしれません。エッセイは、大学にあなたのことを知ってもらうための自己紹介文のようなもので、特に私立大学ではこのエッセイの優先順位はとても高いです。自分自身のこと、その大学への熱意などを相手に興味を持ってもらえるように伝えなければいけないので、慣れていない人は苦労するかもしれません。

 

アメリカ留学ではTOEFL(iBT)61点以上を求められることが多い

アメリカのどの大学に留学するかによって詳細は異なるかもしれませんが、一般的にはTOEFL iBT)61点以上を条件とする大学が多いです。留学を目的としていなくても、すでにTOEFLを受験したことがある方も多いかもしれません。また、他に私たちに馴染みがある英語試験としてはTOEIC があると思いますが、この2つはそれぞれ目的が異なります。簡単に言うとTOEFLは「留学英語向けTOEICは「ビジネス英語向け」という位置づけになります。

 
TOEFLとTOEICの違いは?

細かい違いを見ていきましょう。まずTOEFL はアメリカやカナダ、オーストラリアなど世界130カ国10,000以上の大学や機関に認定されている、世界で最も受け入れられている英語試験です。英語圏を中心に多くの留学先で採用されているので、留学を考えている人の多くにとって必須の試験となりますTOEFLには「TOEFL iBT®テスト」と「TOEFL ITP®テスト」の2種類があり、留学時に条件となるのは1つ目のTOEFL iBT®テストとなります。こちらのテストでは学術的な内容に対して「読む」、「聞く」、「話す」、「書く」の4技能が求められます。

それに対して「TOEIC は、国内で最も知名度の高い英語試験の1つで、就活や転職、昇進時などに役に立ちます。

TOEICには、大きく3つの種類があります。
TOEIC® Listening&Reading Test
TOEIC® Speaking&Writing Test
TOEIC® Bridge® Test

現在、国内で最も普及しているのは1つ目のTOEIC® Listening&Reading Testです。こちらのテストでは「読む」、「聞く」の2技能が求められ、日常的な会話やビジネスシーンでの英語力が求められます。

 
TOEFL iBT)61点のレベルってどのくらいの難易度?

TOEFLの点数に関しては、点数と難易度を直感的に紐づけるのが難しいかもしれません。そこで難易度を把握するために、以下のサイトを参考にしてTOEFLの点数をより馴染みの深いTOEICの点数に換算するとどのくらいになるのか見てみましょう。

TOEICとTOEFLのスコア換算サイト

TOEFL iBT)61点はTOEICだと590点になり、そこまで高くないのがわかります。590点なら外資系企業で一般的に求められる730点以上よりも低く、入社時期待スコアの550点より少し高いくらいです。

 

日本人はまずは英語試験から

アメリカの大学に入学するには「The Significant Six に含まれる6つの要素が必要で、英語を母国語としない日本人なら更に英語試験の「TOEFL も必須です。この記事では詳細を割愛しますがTOEFL向けに有効な対策もありますので、留学を検討されている方であればまずその研究を日々の勉強に取り込んでみてください。

 

参照記事:
サウスピーク 「企業が就職・就活・転職で求める英語力・TOEICスコア一覧|項目別TOEICスコアデータ(就職、就活、昇進、海外赴任など)
サウスピーク 「TOEICとTOEFLの違いとは?|TOEICとTOEFLはどちらが良いの?
栄陽子留学研究所「アメリカ留学に必要な英語力とは?
アメリカ大学院留学ブログ「TOEIC何点あれば大学に留学できるのか?


コラムニスト・インフォ
S.K
GPI US プログラム・コーディネーター

  
高校まで日本で過ごし、カリフォルニア州のコミュニティー・カレッジから大学に編入/卒業。 
自分が留学で得た素晴らしい経験を1人でも多くの日本の生徒に伝えたいという思いでGPI USに入社しました。

   

「伝えられた事は忘れる、教えられた事は覚えている、関わった事は学びとなる。」- ベンジャミン・フランクリン