Congrats! Class of 2018!
アメリカの大学卒業式に向けて準備しなければいけないこと

5月になると全米各地の大学で卒業式が行われます。今回は、2018年5月にカリフォルニア州立大学ロングビーチ校で執り行われた卒業式を例に、卒業の向けての準備についてご紹介します。

卒業式と言えば、日本では幼稚園から大学まで3月に行なわれますが、アメリカの大学の卒業式は、学期が終了する5月が一般的です。アメリカの大学は2学期制*(セメスター制)と4学期制**(クォーター制)があります。通常、セメスター制は、春の学期(1月~5月)と秋の学期(8月~12月)に分かれ、それぞれの学期が終了するタイミングで、5月もしくは12月に卒業式が行われる大学もあります。

タッセル photo by Middle College

卒業式に臨む際の服装ですが、日本では、スーツや袴などを着て参加しているのに対し、アメリカでは、ガウンを羽織り、角帽にタッセルと呼ばれる房の飾りをつけます。タッセルは卒業式の前には角帽の右にたらし、卒業証書を受け取った後に左に移動させる風習があり、学位を取得したという意味になります。これは全米の教育機関で実施されています。

アメリカの大学の卒業式
~カリフォルニア州立大学ロングビーチ校の場合~

それでは、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校で行われた卒業式を例に、どのような準備をして卒業式の日を迎えるのかをご紹介しましょう。同校の場合、2018 年の5月22日~5月25日にかけて卒業式が行われました。なぜ4日間もあるのかというと、生徒数が多いため、各専攻によって式が行われる日時が分けられているのです。

卒業式前に準備すること
  1. 決められた期日までに出席の申し出をする。
  2. 専攻によって日時が違うので事前に確認する。
  3. 式で着用するガウンなどの準備をする。
  4. 家族や友人たちに招待状を送る。
  5. 当日の駐車場の案内などを確認する。

角帽、ガウン、オーナーコード

卒業式で着用する角帽とガウンは、大学のブックストアで購入、またはレンタルをすることができます。また、角帽とガウンと卒業証書用の額縁をセットで注文するパッケージもあります。 
角帽とガウンとは別に、首にかけるオーナーコード(Honor Cord)と呼ばれるカラーコード(紐)があります。これは学生の成績に基づいて色が決められます。一目で成績優秀者と分かるので、このコードを目指して勉強に励んでいる生徒も多いのではないでしょうか。

ロングビーチ校では、以下のように分けられています。

スンナ・クム・ラウデ(Summa Cum Laude) 
対象:GPA(Grade Point Average)3.9以上の平均成績を修めた学生。 
コードの色:金色と栗色

マグナ・クム・ラウデ(Magna Cum Laude) 
対象:GPA3.75以上の平均成績を修めた学生。 
コードの色:金色

クム・ラウデ(Cum Laude) 
対象:GPA3.5以上の平均成績を修めた学生。 
コードの色:栗色

卒業記念の指輪
卒業記念指輪 by photo slgckgc

そのほか、大学を卒業した記念に“Class Ring”という指輪も販売しています。金額はデザインや使用する宝石などによって異なり、ロングビーチ校の場合、女性用指輪が547ドルからとなっています。

卒業式での写真撮影
卒業式での写真撮影 photo by University of Hawaii-West Oahu

卒業式では、プロのカメラマンによる写真撮影のための専用スポットが用意され、1人ずつ写真を撮ってくれます。撮られた写真に関する情報は、後日Eメールで送られ、購入するかどうかは写真を見てから決めることができます。せっかくの写真なので、事前の服装や髪形のチェックはもちろん、心の準備も必要です。当日はとびっきりの笑顔をカメラに向けてくださいね!

卒業証書授与

卒業式では、1 人1人順番に名前を呼ばれてステージに上がり、仮の卒業証書を受け取ります。正式な卒業証書は、後日指定した住所に郵送されます。卒業証書が手元に届いたときに、やっと学位を取得した!という実感が湧くのではないでしょうか。

卒業式会場に関する情報収集

卒業式の会場は、当日非常に混み合うことが予想されます。必ず卒業式の案内をチェックし、会場の場所、集合場所、駐車場の情報をしっかりと確認しておくとスムーズです。また参加する家族や友人などにも事前に情報を送っておきましょう。

卒業式の時期は自分で選ぶ

日本と違ってユニークな点は、アメリカの大学では生徒が履修科目を全て修了させるタイミングで卒業式に出席する年を選ぶことができるということです。例えば、2018年の12月にすべてのクラスを終了する場合、2018年5月または2019年5月の卒業式の出席を選ぶことができます。5月に行なわれたロングビーチ校の卒業式に出席した生徒の中にも、卒業式が終わったとはいえ、まだ履修単位が残っているという人も少なくはないと思います。留学生の場合は、遠く離れた場所にいる両親や親族、友人を卒業式に招待したいというときに、スケジュールを調整して卒業式の時期を合わせることができますね。アメリカの大学に興味のある方は、卒業式について調べてみると、就活を視野においたプランが早期に立てられるのではないでしょうか。

参照

*2学期制について  
https://ja.wikipedia.org/wiki/2%E5%AD%A6%E6%9C%9F%E5%88%B6

**4学期制について  
https://ja.wikipedia.org/wiki/4%E5%AD%A6%E6%9C%9F%E5%88%B6

カリフォニア州立大学ロングビーチ校アカデミックカレンダー  
http://www.csulb.edu/academic-affairs/menu/academics/academic-affairs-calendar

カリフォニア州立大学ロングビーチ校2018年卒業式について  
https://www.csulb.edu/commencement

カリフォニア州立大学ロングビーチ校2018年卒業式ユニバーシティ・オーナーズ  
https://www.csusb.edu/commencement/preparing-graduate/graduating-honors

カリフォニア州立大学ロングビーチ校2018年 卒業記念指輪  
https://collegerings.herffjones.com/index.cfm?event=processSchoolForm&SchoolName=California%20State%20University%20Long%20Beach

カリフォニア州立大学ロングビーチ校2018年 卒業式年度についてのQ&A  
https://www.csulb.edu/commencement/frequently-asked-questions

注釈

上記は、あくまでもカリフォニア州立大学ロングビーチ校の卒業式のケースです。大学によっては、卒業式の時期が違う場合もありますので、事前に学校に確認することをお勧めします。。


コラムニスト・インフォ
S.K
GPI US プログラム・コーディネーター

  
高校まで日本で過ごし、カリフォルニア州のコミュニティー・カレッジから大学に編入/卒業。 
自分が留学で得た素晴らしい経験を1人でも多くの日本の生徒に伝えたいという思いでGPI USに入社しました。

   

「伝えられた事は忘れる、教えられた事は覚えている、関わった事は学びとなる。」- ベンジャミン・フランクリン